メディアの影響

客観的にみると少年犯罪の激増というのはメディアの発達による副産物のようです。

少年法を厳罰化しても少年犯罪数が変わらないのは、少年法という法律を知らない子供がほとんどだからです。

「自分はたいして罰せられないから」と犯罪をしている状況はほとんどないのです。

たしかに、厳罰化は被害者感情には沿ったものとなりますが、少年の更生を真剣に考えるなら、社会復帰した少年をどう受け入れていくかという仕組みづくりを考えた少年法でなければならないと考えます。



少年犯罪の激増というのはメディア側の誇張の面があるようです。

少年法を厳罰化しても少年犯罪数が変わらないのは、少年法という法律を知らない子供がほとんどだからです。

たしかに、厳罰化は被害者感情には沿ったものとなります。しかし、犯罪を犯した少年の更生を真剣に考えるなら、社会復帰した少年をどう受け入れていくかという仕組みづくりも考えた少年法でなければならないと考えます。



資料からみると、少年法の厳罰化で少年犯罪は減少するわけでは無いようです。

また、少年犯罪の激増というのはメディアの発達が大きな理由ようです。

たしかに、厳罰化は被害者感情には沿ったものとなります。

しかし、厳罰化をしても少年犯罪は減少しないという結果を踏まえ、犯罪を犯した少年の更生や社会復帰どうさせるかという観点も考えた少年法改正でなければならないでしょう。

安易な少年法の厳罰化への改正は、政府のアピールにしかすぎないように思われます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。