クローズアップされるようになったきっかけ

少年法が大きく取り上げられるようになったのは、1997年の神戸連続殺傷事件(酒鬼薔薇事件)からといっていいでしょう。

この事件以後、少年犯罪の激増・低年齢化・凶悪化しているという議論が広がりをみせたのです。



少年法が今日のように社会的トッピックになったのは、1997年の神戸連続殺傷事件(いわゆる酒鬼薔薇事件)以来といっていいでしょう。

この事件以後、少年犯罪の激増・低年齢化・凶悪化しているという認識が広がりをみせたのです。




その後、2004年に長崎県で発生した十一歳の少女による同級生殺害事件も少年法改正論議に拍車をかけています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。