橋本弁護士の光市母子殺害事件について

光市母子殺害事件で、非人道的な弁護を重ねて注目を浴びている被告の元少年の弁護団は、橋本弁護士を訴えるという事件が起きた。

これについては「弁護団は、いなくなればいいのに・・・」という激しい意見も出る程です。

詳しくは、弁護団が行った弁護内容が1審2審の内容と食い違っていたこと、また、その内容が一般常識と著しくかけ離れて非常識であると思われる。

そして、遺族を傷つけてまで死刑回避をするなんて非人道的だと、指摘した上で、もし、世間の人々もこの意見に賛同されたなら懲戒請求をして欲しいと、関西のよみうりテレビ「たかじんのそこまで言って委員会」の番組出演中に発言したことに対して、世間を煽って懲戒請求が集中したため、弁護士の仕事に支障が生じたと訴えを起こしたという事です。

インターネット上では、橋本弁護士の発言の前から人権無視だとか、弁護団は被告人の非人道的な主張を誘導尋問的に引き出しているのではないかなどなど、多数の批判が出ていました。

流れの中で懲戒請求をしようという訴えもすでにありましたし、懲戒請求を簡単に行えるテンプレートも見られたようです。

これを見ても、3900通もの懲戒請求は、橋本弁護士の煽動によってのみ行われた訳ではないはずです。
なのに、弁護団は、懲戒請求を行った人達は「橋本弁護士にそそのかされ、被害的な面もある」として提訴しない方針らしいが、これは懲戒請求を行った世間の人たちを侮辱してはいないだろうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58792015

この記事へのトラックバック

累犯障害者
Excerpt:  この本を手に取る人は,おそらく,様々なバックグラウンドを持っているのだろうと思います。福祉,医療,政治,法律,マスコミ,自身が障害を持つ人,障害を持つ人を家族に持つ人……。 山本が書き写した現実は,..
Weblog: 犯罪がいいと思う
Tracked: 2007-10-05 20:17
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。