橋本弁護士の記者会見について

橋本弁護士の記者会見について。

テレビで見せる様なタレントキャラの話し方とは違って、弁護士としての姿勢が垣間見えました。

大方のメディアは橋本弁護士擁護に傾いているようでした。

問題となっている光市の母子殺害事件の裁判の被告人元少年に対する弁護内容が非常識極まりないような内容でしたから、それに対してメディアや世間は批判的だったことが橋本弁護士寄りの姿勢となったのでしょう。

弁護士が原告を弁護するのは当然だし、それが弁護士の仕事だと言われればその通りですが、非人道的なやり方というのはどうなんでしょうか?

ただ、このことに関しては「疑わしきは罰せず」というようなことを誰かが(例えば、弁護士が)世間の人々に広く伝える必要があるかもしれない。

他に、橋本弁護士は、「弁護団が懲戒請求をした世間の人を訴えたのではなく、橋本弁護士自身を訴えたのは良識かな、それなら自分も正面からぶつかる必要がある。」と語った様ですが、お互いに弁護士生命をかけて争ってもいいような、裁判になることでしょう。

なぜなら、橋本弁護士は正義の味方の様な顔をしていますが、弁護士なら必ずするべきであろう調査という事を行わずして、多大な影響を与えるであろうメディアで、重い発言をしていると思われるからです。

また、被害者の遺族の了解も得ていないうちに、事を大事にして、元の裁判自体にも、もしかしたら影響を与えるかもしれない事態に発展させてしまった。

橋本弁護士は、記者会見では、こういう事には一切ふれていない。

これは、橋本弁護士の落ち度ではないだろうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60776943

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。