本村さんと橋下弁護士

光市母子殺害事件の被害者遺族の本村洋さんが激しい憤りを感じるのは当たり前のことです。

だけど、もしも、事件の詳細を調べてもいないかもしれない人達が、自分達の職務に忠実であった弁護団に対して感情論だけで懲戒請求を行ったとしたら、それはいかがなものでしょうか?

現在の法治国家ではありえない事だと思っていました。

そして、その行為が橋下弁護士の一発言をきっかけに行われたとすれば、橋下弁護士は責任を追及されるかもしれません。

その行為が、本村洋さんはじめ、御遺族の方々の複雑な気持ちや激しい怒り、精神的苦痛を思ってなされたとしたら、橋下弁護士は尊敬に値すると思いますが、本村洋さんに対して橋下弁護士は、何の断りもコンタクトもとっていないようです。

それは、もしかしたら現在進行中の裁判に影響を与えるかもしれないというのに、とても大変な事をしでかしたのではないでしょうか?


相手側の弁護団を強く責める前に、本村洋さんに挨拶するとか説明するとか、勝手にしてしまった事を謝罪するとか、そういう行為があってこそ、正義の味方として戦えるのではないでしょうか?

本村洋さんに一言もなしに勝手にこういう騒ぎを起こしたのであれば、橋本弁護士も被告人の弁護団も同じ穴の何とか?ではないかと思われても仕方がないのではないでしょうか?

何よりまず、被害者遺族の本村洋さんの立場に立って考えるべきだと思うのです。(全て、報道が事実であった場合です。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。