橋本弁護士提訴

99年、山口県光市で起きた母子殺害事件の差し戻し控訴審にて、当時18歳の元少年(現在26)の弁護団に携わっている広島弁護士会所属の足立修一、今枝仁の両弁護士ら4人が3日、業務を妨害されたとして大阪弁護士会所属の橋下徹(はしもと・とおる)弁護士相手に広島地裁に訴訟を起こしました。

これは、テレビメディアを利用して「懲戒請求することを扇動」したとの理由で、橋本弁護士を相手取り、1人当たり300万円の損害賠償を求めるものです。

橋本弁護士は、5月27日に放映された関西の読売テレビの番組「たかじんのそこまで言って委員会」の中で、山口母子殺害事件の弁護師団の懲戒処分を弁護士会に求めるよう視聴者に呼びかけられたという。

放送後、広島弁護士会には4人の弁護士の懲戒処分請求を求める声がそれぞれ300通以上も届いた為、対応に追われるなどして本来の業務に大変支障が出たということです。

橋本弁護士の所属芸能事務所は「送達された訴状を確認次第、至急、橋下本人が会見を開いて対応について説明する」とコメントしています。

この件に関して、作家の佐木隆三さんは、法廷を自分の目で見た上で、原稿を書き批判している。

テレビでけしかけるようなやり方には賛成できない。
自分で傍聴する努力もせずにテレビの情報だけで懲戒処分請求をしたという人がいたとすれば情けない。などと、話しています。

山口母子殺害事件では、06年6月に「特に酌むべき事情がない限り、死刑を選択するほかない」と最高裁は、二審の無期懲役判決を破棄して、広島高裁に差し戻しの判決を下しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62094949

この記事へのトラックバック

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
Excerpt: 8年ぶりぐらいに読みました。当時は海外に興味を持ち出したときで一気に読んだのを覚えていますが、8年ぶりに読んでもそれは同じでした。第1巻は乗合バスの旅の出発地点としているインドへ行く前に立ち寄った香港..
Weblog: あやの部屋
Tracked: 2008-02-16 06:01
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。