クローズアップされるようになったきっかけ

少年法が大きく取り上げられるようになったのは、1997年の神戸連続殺傷事件(酒鬼薔薇事件)からといっていいでしょう。

この事件以後、少年犯罪の激増・低年齢化・凶悪化しているという議論が広がりをみせたのです。



少年法が今日のように社会的トッピックになったのは、1997年の神戸連続殺傷事件(いわゆる酒鬼薔薇事件)以来といっていいでしょう。

この事件以後、少年犯罪の激増・低年齢化・凶悪化しているという認識が広がりをみせたのです。




その後、2004年に長崎県で発生した十一歳の少女による同級生殺害事件も少年法改正論議に拍車をかけています。

少年法関連書籍

「改正」少年法を批判する








少年非行の矯正と治療








現代の非行と少年審判








少年犯罪と向きあう








少年保護事件と少年法




少年法は生ぬるい

少年法が生ぬるいので、少年犯罪が起きるのだという意見が国民の支持を得て2000年に少年法は法改正されました。

少年法を厳罰化することによって、少年犯罪を減少させることができるだろうと改正されたのです。

そして、さらに最近でも一層の厳罰化への少年法改正案が取りざたされています。




今の少年法による少年犯罪の処遇がアメリカやヨーロッパ諸国に比べ軽すぎるので、少年犯罪が激増しているのだという意見が国民的な支持を得て2000年に少年法は法改正されました。

少年法を厳罰化することによって、少年犯罪の増加・低年齢化・凶悪化をを防ぐことができるだろうと考えられたのです。

さらに、一層の厳罰化への少年法改正案がいま問題となっています。


少年法の厳罰化は効果があるのか

少年法の厳罰化で少年犯罪は減少するのでしょうか。

法務省から出版される「犯罪白書」によると少年法改正の前後で、少年犯罪の増減はほとんどありません。

また、昔と比べて少年犯罪が増加したり低年齢化しているわけでは無いという統計がでています。


すぐにも少年法を改正する前に、厳罰化にすると少年犯罪は減少するのか検証する必要があると思います。

法務省から出版される「犯罪白書」によると2000年の少年法改正で厳罰化しても、少年犯罪の増減はほとんどなかったという結果がでています。

さらに、犯罪白書をみると、昔と比べて少年犯罪が増加したり低年齢化しているわけでは無いというのが資料よりわかります。

メディアの影響

客観的にみると少年犯罪の激増というのはメディアの発達による副産物のようです。

少年法を厳罰化しても少年犯罪数が変わらないのは、少年法という法律を知らない子供がほとんどだからです。

「自分はたいして罰せられないから」と犯罪をしている状況はほとんどないのです。

たしかに、厳罰化は被害者感情には沿ったものとなりますが、少年の更生を真剣に考えるなら、社会復帰した少年をどう受け入れていくかという仕組みづくりを考えた少年法でなければならないと考えます。



少年犯罪の激増というのはメディア側の誇張の面があるようです。

少年法を厳罰化しても少年犯罪数が変わらないのは、少年法という法律を知らない子供がほとんどだからです。

たしかに、厳罰化は被害者感情には沿ったものとなります。しかし、犯罪を犯した少年の更生を真剣に考えるなら、社会復帰した少年をどう受け入れていくかという仕組みづくりも考えた少年法でなければならないと考えます。



資料からみると、少年法の厳罰化で少年犯罪は減少するわけでは無いようです。

また、少年犯罪の激増というのはメディアの発達が大きな理由ようです。

たしかに、厳罰化は被害者感情には沿ったものとなります。

しかし、厳罰化をしても少年犯罪は減少しないという結果を踏まえ、犯罪を犯した少年の更生や社会復帰どうさせるかという観点も考えた少年法改正でなければならないでしょう。

安易な少年法の厳罰化への改正は、政府のアピールにしかすぎないように思われます。

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。